So-net無料ブログ作成

福島の復興とは何なのか [雑感]

国連の人権委員会に、福島での健康調査が不十分で、人権上問題があるという
報告書が提出される事になったらしい。

kji.jpg

http://mainichi.jp/select/news/20130524k0000e040260000c.html

さらに詳しい内容は下記より
http://hrn.or.jp/activity/topic/-2/

しかし、この動きと逆行するように
安全基準をさらに緩める要請が
福島から国に、相次いで出されている。

除線をしても、年間1ミリシーベルトに
到達できない場所が多いからだ。
達成できない目標を緩めて、住民の帰還を早めなければ
村や県が復興できないという。

しかし、自治体が復興するために
住民が、より高い被曝リスクを背負うとは、
一体どういう事なのだろう。
住民を危険にさらした「復興」とは
どのような意味があるのだろうか。

また。最近聞いた話では、
配布されたガラスバッジの性能が低くて、
高い線量の地区に住んでいても、
ガラスバッジでの積算結果は、かなり低く計測されるらしい。
安いガラスバッジでは、測定限界があって、
一定未満の線量をカウントしないからだそうだ。

高価なガラスバッジは、当然、高感度なのだが、
配られているガラスバッジは安いので、
繊細なカウントができずに、切り捨てられてしまう。

「空間線量が高くても、ほら、実際はガラスバッジでは
そんなに大したことないんですよ」という事で
これまた、帰還を早めるロジックに使われる可能性があるという。

手段が目的化し、住民を危険にさらす、この国の行政のあり方に
疑問をもたないではいられない。
住民の健康と幸せを提供するはずの自治体が
復興するために住民を危険にさらす。
この矛盾をゴリ押しで通すと、
被害を受ける子供達の未来が心配だ。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

Cialis uk

沒有醫生的處方
cialis dosage http://kawanboni.com/ Viagra vs cialis vs levitra
by Cialis uk (2018-04-14 07:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。