So-net無料ブログ作成

LEKIのスキーポール CHALLENGE を購入 [スキー]

あと一回で今シーズンも滑り納めだというのに、
スキーポールを購入してしまった。

コブ用に。
ネットでポチっと。

img58962824.jpg

本当はもっと軽くて細いのが良いのだけど、
お金がないので。
一番安いモデル。

久しぶりのレキ。

この10年くらいはシナノを使っていた。
カーボンの、けっこういいやつ。

カービングになってから、長さがシックリこないが
ストックも傷まないし、スウィングウェイトが軽いので
買い換えなかった。

結局自分に合った長さがわからず、
キザキの伸縮ストックで試して、長さは113cmとなった。

しかし、この伸縮ストックのグリップが
今度は手に馴染まなかった。
特にコブで。

もともとストックにはあまり頼らない方だったが、
腰と股関節を傷めたことで、
いつのまにか、コブではストックでリカバリーする必要に
迫られている事も分かった。

10年ブリのレキ。

そういえば、10年前はID-ONEとレキのストックで
コブやガケで飛んだり跳ねたりしていたっけ。

モーグルではないので、コブ用と言っても
まっすぐなヤツではない。
レキのポジティブアングルという
少し角度をつけた握りが、自分の滑りと合っていたのを思い出した。

この角度が、突いたときに上体が遅れるのを
微妙にカバーしてくれる(ような気がする)。

レキの安いモデルは、使っていたシナノより、
先の方に少し重みを感じる。
しかし、ガツンと安心して突いていける。

もう、飛んだり跳ねたりはできないけど、
まだしばらくは、コブでも遊びたい。

どうかな、手に馴染んでくれるかな。

今度の滑り納めで試してみようっと。


5/7 追記
GWのコブだらけのかぐらスキー場で使用した。
グリップの下部にサヤが付いていないため、
不整地で強く突いた時に、指にサヤが当たらずに
自由に握り直す事が出来る。
スウィングウェイトは友人の持つ
トリガーシステム搭載のモデルと同じだった。
トリガー付モデルは、大回りで親指をグリップの上に置くと
スイッチに親指がかかり、トリガーがはずれてしまいそう。
このモデルにして正解だった。
強く突いても不安がないため、リカバーがしやすく
安定して滑る事ができた。
安価なモデルだがグリップやストラップにも工夫が見られ、
高価なカーボンモデルでなくても、これで充分。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。