So-net無料ブログ作成

中央構造線上にあらかじめ仕掛けられた爆弾 [雑感]

11月に起きた福島沖地震に関するこのニュース。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161206/k10010796381000.html

2016-12-06 12.58.01.jpg

今回動いたのは赤い部分で、その南側の断層も動けば
さらに大きな地震になっていた可能性があるという。
そして、その部分が動く可能性も残しているという。

福島第2原発では冷却水が一次停止した。
冷却再開までに1時間半かかった。
わずか震度5弱の揺れで、である。
二つの断層が一気に動いていたら、どうなっていたのだろう?

やはり原発は震度6には耐えられないのではないか。
そして震度7になると、完全に壊れてしまうのではないか。

東京電力の活断層評価の甘さも指摘されている。

あらためて、日本はいつ何処でこのような大地震が
起きてもおかしくない国なのだと実感する。

img_0_m.jpg

こんなに活断層だらけの国で
よくもまぁ、原発を54機も建造したものだ。
さらに再稼働を加速しようなんて、狂気としか言えまい。

活断層マップにしても、「ここにしか活断層がない」のではなく、
ここに掲載されていないのは「調査していないだけ」なのだ。
ましてや海底は、沿岸部は水深が浅く
調査船が入れないために調査できていない場所が殆どだという。

そして、今回動いた断層だが、
中央構造線が、茨城で二つに分かれ
鹿島神宮方面へと分岐されていく、
その先の活断層帯の一部ではないか。

155afb84e155d762ddf46d4ae4e012ed.jpg

中央構造線上には古来から
重要な宗教施設が多く建造されている。
地震が多く発生するため、それを沈める祈りが
これらの施設を建立させてきたのかもしれない。

しかし、宗教心と哲学を忘れ、拝金主義に陥った現代人は
こともあろうに、そのような構造線上に
原子力発電所を複数建造してしまった。

12.6.Tectonic_map_of_southwest_Japan.jpg

古来より自然に対する畏怖の念を抱くべき場所に
「科学」によって全てを解き明かした気になった現代人は
自分では制御できない核施設を作ってしまった。

まるで、ここに建造された原子力発電所は
あらかじめ仕掛けられた時限爆弾のようではないか。

我々が良識を取り戻し、原発を停止すれば爆弾は作動しない。
しかし、拝金主義に走り、目先の利益だけに突き動かされて
原発を稼働し続けると、あたかも天罰のように爆弾が作動する。

日本人の良識が天から試されている・・・
まるで旧約聖書にでも出てきそうな考え方で、
自分でもどうかしてると思うのだが、
そんな空想すら抱いてしまう、中央構造線上の原発立地だ。

近く起こると言われる東海・東南海・南海のトラフ地震。
貞観地震の経験から予想される千葉/茨城沖での大地震。
大規模にプレートが動けば、当然、中央構造線も動き始める。
そのような地殻変動が起これば、その他の断層も火山も活発に動き始める。

春の熊本大分地震、そして秋の福島沖地震。

原発再稼働を急ぐ現代人に対する
自然からの警告と受け取るべきではないだろうか・・・。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。