So-net無料ブログ作成

1/17 かぐら [スキー]

備忘録

今月は、17日しか滑りに行けないから
天気の予報が悪くても動くしかなかった。

2017年、4月のかぐらでK2の試乗会があった時の天気図に
少し似てるので、群馬や長野のスキー場ではなく
新潟のかぐらに決めた。

まずネットの天気予報の外れ具合。
tenki.jpはかぐら雪で、午後から回復の予報
ウェザーニュースはずっと曇りで18時から雪。

結果、午前も午後も雨で、かぐら山頂のみ雪。
17時ころ下山して着替え終わった頃、すこし晴れ間が見えた。

ま、山の天気だからこんなモノか。

天気予報が悪いため、ゲレンデはガラガラで、
しかもピステンがキッチリかけてあったので
フラットバーンのかぐらメインゲレンデを久しぶりに滑れた。
IMG_1025.jpg

ゲレンデは終日こんな感じ。
雨だから自分のカメラは使わなかったよ。
2018-01-17 21.52.50.jpg

天気図。
2018-01-17 21.56.52.jpg

こういう天気の時はかぐらがイイネ。

フード付きリフトなので、濡れても最小限ですむよね。

それでもびしょ濡れになっちゃったけど・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

初滑り & KEISKIオリジナルデザイン [スキー]

ようやく初滑りで、スキーシーズンイン。

大晦日の苗場。

今シーズンは雪が豊富なスタートになった。
苗場も雪たっぷり。

天気も晴れ時々曇りまたは小雪で、視界も上々。

でも、運行リフトを減らしていたので、リフト待ちが多い。
せめてもう一本動かしてくれれば、効率的に滑れるのに・・・。
ちょっとケチりすぎではないか。

とはいえ、そのおかげで、みんなリフト乗り場で待たされているため
ゲレンデ自体は空いている。
人をよける必要もなく自由にラインが選べるので、
初滑りとしては、かえって良かったのか?

今シーズンはK,2のiKonic80を買ったので、それを@ampでチューンしてもらっている間は
愛機のHEAD Supershape SPEEDで滑る。
いつもは古い板でシーズンインしてるのだけど、
やっぱ新しい板で最初から滑るってのは良い。
早いタイミングからトップが雪面を捉えてくれて、
滑りのイメージとのギャップが少なく、感覚を取り戻すのが早い。

IMG_1014.jpg

初日から、ある程度スピード出していけるのは嬉しい。

そういえば、先輩のケイスキーも調子よさそうだ。
いつも慎重な滑り出しの先輩が、ガンガン縦に板を落として行ってる。

オリジナルデザインのケイスキー。

上がってきたのを店舗で見たときは、少し地味かなと思ったけど
ゲレンデではちょうど良い感じにシブい味が出てる。

IMG_1010.jpg

IMG_1011.jpg

IMG_1012 2.jpg

本当は北海道のイラストは、もっとビンディングに近づけたかった。
素材の質感とかビンディングの位置など、細かい部分が分からなかったので
多少、仕上がりのイメージが違っていたけど、許容範囲という所か。

次回はもっと美味くデザインできるだろう、って次回なんてあるのか?

2017-12-31-15-00-00-large.jpg


元旦はかぐら。

天気予報が大雪大雪と煽るからか、駐車場はガラガラ。
ゲレンデもガラガラ。

雪も思ったほどではないので、SuperShape SPEEDで滑る。
ただ、視界が前日ほそ良くないので、
足裏感覚に頼る局面もあるので、スピードは控えめだ。

IMG_1015.jpg

2018-01-01-15-00-00-large.jpg


2日
目を覚ますと、前日から降り続いた雪が
たっぷりと屋根に積もっていた。

IMG_1013 2.jpg

今日はK2の新板の出番。

K2のiKonic 80。

spopia_s-sk101507.jpeg

実は昨シーズン終盤に、アトミックのVANTAGE X77を買ったのだ。
シーズン終盤に数日乗ったのだが、どうもシックリ来なかったので
K2に買い換えた。

imgrc0063490175.jpg

VANTAGE X77は中級者用の板だけど、スピード出してもバタバタしないし、
トップの捉えがSuperShape並に早い。
もう少し良い素材を使ったり、乗り味を繊細にしたらサイコーに楽しいのだろう。
ただ、いかんせん中級板。乗り味という抽象的な言葉でしか表せないが
そういう部分で物足りなさを感じてしまったのだ。

K2のiKonicはスウィングウェイトが軽く、柔らかく、シットリとした乗り味で
さすが上級者用の板という感じ。
ただ、トップの捉えは早くなく、カービング性能はそれほどではない。
ターン始動では自分でトップをしっかりと回旋させる必要がある。
ターン中盤から後半は、コニック構造の恩恵で気持ちよくターンできる。
履いていて疲れないし、直線的に、あるいはジャンプしたりと
自由なラインで滑りたくなる板だ。

この日のかぐらは膝上くらいのパウダー。
特に、テクニカルコースは絶品で、
数年ぶりにテクニカルコースを真っ直ぐ滑った。
大雪の日はテクニカルコースガサイコーだ。
この一本でK2の元は取ったくらいの気持ちよさだった。

パウダーっていうのは、病みつきになるなぁ。

スキーも止められない。

2018-01-02-15-00-00-large.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。